アップデートを行うとNGAVが検知・隔離してしまう

8585

2024.06.11既読 83

ラインワークスのアップデートを行うと、社内の数台の端末で、当社で導入しているNGAV(次世代型アンチウィルス)が「ディスク上のファイルの不審な暗号化を検知しました(ランサムウェアの振る舞い)」として、ラインワークスの起動ファイルを隔離してしまいます。

要因はラインワークスの持っている暗号化機能によるものなのでしょうか(単なる過検知?)セキュリティリスク上の判断をするのにどなたか詳しい方がいらしたら教えて頂けないでしょうか。

場違いな質問でしたらご容赦ください。

コメント0

前の投稿 ブラウザ版の上部バーに全てのアイコンを出して
次の投稿会社で8名でLineworksを使用しています。各人へ連絡事項を送っても、1名のみ既読が付くのが遅い人がいます。
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。