LINE WORKSコミュニティ

LINE WORKSに関する質問や有用な情報を、
他のユーザーと共有しましょう。

LWUG

#LWUG LINE WORKS 30分ランチタイム勉強会 QAタイムの回答 〜この操作方法知ってる?意外と便利なトーク操作集!〜

えるわぐ

2020.07.09既読 993

みなさん、こんにちは。LWUG運営担当です。

6月30日に勉強会「【LINE WORKS 30分ランチ勉強会!】どうしてる?ワークスモバイル社内での情報共有方法!」を開催しました。

 

参加されたみなさま、ありがとうございました!


ご参加された方からの質問に対する回答となります。

回答内容に不明点がある場合には、本投稿のコメントにてお知らせください。

 

※ 一部、勉強会内での回答に補足や修正を加えております。

 

#トークルーム

Q:トークルームは最大何個まで作れるとか上限はあるのでしょうか?

A:使用できるトークルーム数に制限はありません。

 https://help.worksmobile.com/jp/message/create-message-rooms/maximum-number-of-message-rooms-to-create/

  
 
#改行キー

Q:改行キー設定は他のPCでログインしても保存されますか?

A:改行キーの設定は、端末ごととなります。あるPC上で行った設定を別のPCでも同じにする場合は、PCごとに設定をしていただく必要があります。

 

  

 #未読や既読

Q:トークルームでのあるトークに対して既読者、未読者リストをデータで出力するのは可能でしょうか?因みに管理者です。

A:既読者と未諾者を目視で確認はできますが、既読者リストと未読者リストをデータ化し出力することはできません。

管理者側で確認できる内容とデータでダウンロードする方法につきましてはこちらをご覧ください。

なお、管理者側で確認できるトークルームの内容は以下になります。

詳細はこちらをご覧ください

 

  

#トークルームの分け方

Q:1:1のトークの表示順について、LINEとのトーク、LINE WORKSとのトークの順番を分けることは来ますか?

A:LINE連携したトーク、LINE WORKS連携したトークごとに順番を並び替えることはできません。

LINE連携したトーク・ WORKS連携したトークをまとめてトークルーム一覧に並べたい場合は、特定のトークルームを選択して上位表示させる「ピン留め」をお勧めいたします。「ピン留め」によって上位表示されたトークの並び順は、新着順で表示されます。

詳細はこちらをご覧ください

 

 

Q: 大量にトークルームが作成されると確認が大変で複数人トークを作らないようにしてしまいがちです。ソート、ピン留め以外で、グループ分けの工夫はあったりしますか?個人と複数人トークはソートでもカテゴリ分けにならないようですが。

A:トークルームが大量にあり、グループ分けが大変な場合は以下の対策があります。

・特定のトークを上位表示に固定させる「ピン留め」

・新着順・未読優先・タイプ別表示させる「並び替え」

・優先度が高くないトークルームを表示させない「非表示設定」

 非表示設定したトークを再表示させたい場合、「連絡先」一覧の「組織図」や「グループ」から、「非表示」にしてしまった方やグループをお選びいただきトークを始めますと再表示されます。

・重要なトーク以外は通知方法を変える「トークルームごとの通知設定」です(トークルームごとに通知の受信有無を設定することができます)。

トークルーム一覧

トークルームの通知


 

#トークルームの過去の投稿の公開設定

Q:過去のトークは、最初の設定ではオフになっているということですか?設定変更は誰でもできますか?

A:過去のトークの公開設定につきまして、トークルームをはじめて作成した時点では、設定はオフになっています。

そのためトークルームに招待する際は、事前に公開設定をオンにする必要があります。

また、トークルームの場合は誰でも設定ができますが、グループトークの場合はグループマスターのみ設定変更が可能です。

過去のトークの公開設定

グループマスター

 
 
#セキュリティ

Q:LINE WORKSのセキュリティは信頼できるのか?

A:大手企業のお客様や金融機関のお客様にLINE WORKSをご利用いただいてますのでご安心ください

また、LINE WORKS サービスは、厳格な審査規準が設けられた以下の国際認証を取得し、安全に運用されています。

セキュリティシステムガイド

また、有料プランの機能ですが、メンバーがスマートフォンを紛失したり盗難にあった時は、強制ログアウトすることで、LINE WORKS へのアクセスの切断することができます。遠隔デバイス管理 (MDM) が設定されている場合は、アプリのデータを削除することもできます。

詳細はこちらをご覧ください

 

 

最後に今後の勉強会のご案内です
次回のLWUGのLINE WORKS勉強会は7月14日(火)開催です。
 
 
お客様からのお問い合わせやシステムの更新通知。メールで受け取ると、埋もれて見逃しませんか?
kintoneとLINEWORKSを連携することで、お問い合わせや通知をLINEWORKSで簡単に確認可能!
社内活用例をご紹介します。 さらには、勤怠管理システム、受付システムとの連携例もお伝えします。

  

LWUGはどなたでも参加可能ですので、connpassにご登録の上、お申し込みください。

ご参加お待ちしております!

https://lwug.connpass.com/event/

 

 

コメント0

前の投稿 設備の予約は最長3か月まで
次の投稿iphoneアプリでトークの更新がされなくなった