LINE WORKSコミュニティ

LINE WORKSに関する質問や有用な情報を、
他のユーザーと共有しましょう。

LWUG

【LWUG】何ができるの?どうやるの?外部トーク連携活用法(勉強会のQ&A)

Haruna Tanaka

2020.07.29既読 413

7月28日にLINE WORKSユーザーコミュニティ「LWUG」で

「何ができるの?どうやるの?外部トーク連携活用法」

を開催しました。

 

勉強会内での質問に対する回答となります。

回答内容に不明点がある場合には、本投稿のコメントにてお知らせください。

 

※ 一部、勉強会内での回答に補足や修正を加えております。

※ 「参加してないけど質問があって...」と言う場合はまずはLWUGにご参加ください!

 

 

 

#外部トーク連携

Q:LINE ライトを使ってるお客様とつながりたいですが、対応できないというエラーがでてしまします。なんか解決の糸口を教えていただけないでしょうか。

A:LINE WORKSが繋がれるチャットサービスは、LINE WORKS以外ですとLINEのみです。

 

 

Q:LINEからLINE WORKSアカウントへやりとりの切り替えをした場合、LINEでしていた過去のトーク情報はLINE WORKS側で見えますか?

A:LINEからLINE WORKSのアカウントの連携に切り替えた場合、新たに別のトークルームを作成することになるため、過去のトークを見ることはできません。

 

 

Q:部長からのリクエストなんですが・・・LINEユーザーとつながる際に同意確認文書を表示したいです。チャットボットを連携して何とか実現出来そうですが、なんかいい方法があれば、教えていただけないでしょうか。

A:よろしければ「LINE WORKS Developers」という開発者向けのコミュニティページをご覧ください。

 

  

Q:LINEにも写真やファイル(PDFなど)は送れますか?

A:LINE WORKSからLINEにも写真やファイルなどが送れます。

 

 

Q:フリープランの場合は、マイアドレス帳に登録可能な外部のユーザーが20名ということは、具体的にはどういうことでしょうか?

A:LINE WORKSには以下の3つのアドレス帳があります。

・管理者が作成する社内メンバーの「社内アドレス帳」

・社内メンバーと外部の連絡先を共有するための「共有アドレス帳」

・個人が管理して、他のメンバーが閲覧することはできない「マイアドレス帳」

3つめの「マイアドレス帳」で、メンバー1名あたりの登録上限が、LINEユーザーと外部LINE WORKSユーザー合わせて20名です。

 

 

Q:LINEの複数デバイスでの同時ログインは△かと。スマホ2台同時ログインはできません。

A:コメントありがとうございます。左様でございます。LINEの複数デバイスログインにつきまして、複数のスマートフォンで同時ログインは不可ですが、PCとスマートフォンの同時ログインは可能となります。

 

 

Q:200人規模で使用したいと思っています。一斉にお知らせをしたり、個人的に質問があれば個別に答えたりしたいのですがLINE worksとLINE公式アカウントどちらが向いていますか?

管理者が5名ほどで運営したいと思っています。

A:同じ内容の文章を個別に一斉配信を行いたい場合はLINE公式アカウントをお勧めします。

LINE WORKSでも一斉通知を行う場合、同じトークルームに200名を入れていただく必要があります(もしくは、1人ずつ同じ内容の文章を送ることを200人分行う必要があります)

LINE公式アカウントでもLINEユーザー側からトークがあれば、個別でのやりとりが可能です。LINE公式での個別でのメッセージの送受信などの詳細につきましてはこちらのサイトからご確認ください。

 

 

Q:LINE複数名-LINEWORKS1名での連携の場合、今画面共有で出ている、複数人トークでの運用になりますか?(グループは作れますか?)

A:ノートや予定、ファイルなどのグループ機能が使えるグループトークルームは作ることができませんが、複数人のトークルームを作成することはできます。

あわせてこちらもご確認ください。

複数人トークルームとグループトークの違い

LINEユーザーとトーク

 

 
Q:外部LINEWORKSユーザーとのグループは非公開とすべきですか?上記グループの公開と非公開はグループごとにグループマスターの判断で決定できますか?
A:外部LINE WORKSユーザーとのグループは最初から非公開設定となっており、公開へ変更はできません。
 
 
Q:LINEユーザーとの複数人グループの作り方を再度教えていただきたいです(過去の勉強会でちらっとお話しされていたと思うのですが、BtoC営業で本格的に検討したいため)
A:こちらの画像をご覧ください(他の説明資料は、connpass上に公開した資料に掲載しています)

 
 
Q:LW 外部連携を取り上げて頂いてありがとうございます!今まさにやろうとしていることです。
【やりたいこと】・フリープランで複数のLINEユーザーと1つのトークルームを共有する。 ・LINEユーザーは少しづつ増えていく。
 Q1:トークルームの名前を予めLW側で決めておく方法
 A1トークルームを作成した時に、名前を変更できます。ただし、LINE側では変更されませんのでご注意ください。
 
 Q2:新規参加のLINEユーザーにも過去に遡ってトークルームの内容を共有する方法
 A2:LINEユーザーとのトークルームで過去のトークの公開ができません。
 
 Q3:LINEユーザーが他のLINEユーザーをLWのトークルームに追加させる方法
 A3:通常のLINEのトークルームへの招待と同じ形で追加してください。
  
 Q4:1つのトークルームに参加できるLINEユーザー数 よろしくお願いします。


#その他 
Q:改めて無料LINEとLINE WORKSの違いについて教えてください。

 
 

Q:LINE worksを始めようと思っていますが、何人かで管理することはできますか?

A:LINE WORKSは、「最高管理者」が1名必ず設定されますが、それ以外のデフォルトで設定されている「副管理者」、「IT管理者」、「人事管理者」は、それぞれ複数人に権限付与することができます。

(有料プランですと、権限の作成機能を利用して独自の管理権限を作成して、他メンバーに設定することも可能)

管理者権限につきましてはこちらをご覧ください。

  
  
Q:日本のビジネスチャット市場の現状について等
 
 
最後に今後の勉強会のご案内です
次回のLWUGのLINE WORKS勉強会は8月4日(火)開催です。
 
ホームもLINE WORKSの特徴的な機能の1つです。
「トークやノートは使っているけど、ホームは使っていない...」そんな方いらっしゃいませんか?
実は、社内報や日報など、社内周知や大事な情報共有の場としておすすめなホーム機能。
トークやノート、ホームの使い分け方を踏まえて、ホーム機能の様々な活用アイデアをご紹介します。

  

LWUGはどなたでも参加可能ですので、connpassにご登録の上、お申し込みください。

ご参加お待ちしております!

https://lwug.connpass.com/event/

 

 


コメント0

前の投稿 【LWUG】こんな時にも使える!ホーム(掲示板)機能の活用アイデア集(勉強会のQ&A)
次の投稿【LWUG】どう使えばいいの?カレンダー。活用のヒントお伝えします!(勉強会のQ&A)