【LINE WORKS ユーザーコミュニティ「LWUG」イベント】初心者歓迎!Botってなあに?LINE WORKSでBotを使うためのキホン! - LWUG - LINE WORKSコミュニティ

【LINE WORKS ユーザーコミュニティ「LWUG」イベント】初心者歓迎!Botってなあに?LINE WORKSでBotを使うためのキホン!

えるわぐ

2021.05.21既読 726

2021年5月18日にLINE WORKSユーザーコミュニティ「LWUG(えるわぐ)」でLINE WORKS勉強会を開催いたしました。
  
初心者歓迎!Botってなあに?LINE WORKSでBotを使うためのキホン!
  
LINE WORKSはBotを使うことでもっと活用の幅を広げられます。Botという言葉は最近よく聞くけど、何ができるのか、どうやったら使えるのかが分からない方に、初心者向けの基礎知識をお伝えしました。
  
※ 一部、勉強会内での回答に補足や修正を加えております。
※ 「参加してないけど質問があって...」と言う場合はまずはLWUGにご参加ください
※ LWUGとは?
LINE WORKS USER GROUP 通称 LWUGは、ユーザーの皆さんでのコミュニケーションを通して、LINE WORKSについて楽しく学び・活用ノウハウをシェアするコミュニティです!ユーザーの皆さんのリアルな声を聞くことができます。
 

Q:トーク画面から「ヘルプBot」を削除してしまった場合、復活は可能でしょうか。
A:復活可能です。
 手順としましては、トークルームを作成する際に、Botを選ぶと復活可能です。
 
Q:勤怠管理botはフリープランでもできますか?
A:勤怠管理Botはフリープランでも利用可能です。
  サンプルBotのなかに、打刻データをLINE WORKSカレンダーに反映していく機能もついていますが、
  カレンダーまわりのAPIは有償プランが必要になります。
 
Q:会社生活マニュアルなど社内で稼働させる総務的なBotに興味ありますが、
   すべてWEBやクラウド上に社内マニュアルを置く必要がありますか?
A:必ずしもクラウド上に保存する必要はありません。
  Botのプログラム自体は閉じたネットワークの中に保存した状態でも問題ありません。
  ただし、APIとやりとりするサーバーは、インターネットに繋がる環境にある必要がございます。
 
Q:用意するサーバーの推奨環境などありますでしょうか。
A:サーバーについては制限はございません。
  処理量に応じて選択ください。
 
 
次回のLWUGは...
LINE WORKS "推し" ノート活用まつり!
  
トーク、カレンダー、ホーム、アンケート、「LINE WORKS」にはさまざまな機能があります。その中でも、今回、脚光を浴びるのは ”地味だけど便利” な「ノート」機能。お仕事の内容や目的によって、使い方はさまざま、活用ノウハウも多種多様。
 
このイベントは、「我こそは、ノートを使い倒している」という方に、ご自身の"推し"ノート活用術を5分間で語っていただく会です。さらに、その発表された活用術の中で、本イベントに参加する人が選ぶ「ベストオブノート賞」と「ヒミツの賞(当日発表)」も選出します。受賞者には特別プレゼントあり!
※「ノートってなに?」という方もご安心を。最初にノートの紹介も簡単に行います。
  
 

LWUG(えるわぐ)とは?

LINE WORKS USER GROUP 通称 LWUGは、ユーザーどうし、LINE WORKSについて楽しく学び・教え合うコミュニティです!
組織におけるコミュニケーションや、働き方、経営・管理などの課題をLINE WORKSを使って解決するための運用ノウハウ共有の場です。

過去開催されたLWUG情報

「LWUGの雰囲気が気になる...」「どんな勉強会?」という方は、まずはこちらの過去の勉強会のアーカイブ動画を ご覧ください!

(事前にconnpass登録が必要です)

LWUGアーカイブ動画(過去の勉強会が視聴できます)


コメント0

前の投稿 lineworksからの電話
次の投稿アカウント数の定義について