PC版LINE WORKSにて使われているOpensslに関して

usu

2023.03.16既読 842

現在PC版LINEWORKSと併用する形でMicrosoft Defender for Businessを利用しています。
Microsoft Defender for Businessの脆弱性検知機能にてPC版LINE WORKSをインストールした際に内部に含まれているOpenssl関係のdllファイルのバージョンが古いことが警告されています。
こちらへのLINEWORKSにおける対応はどのようになっているでしょうか。
また、ユーザー側で対応できる手法はなにかあるでしょうか。
対象のdllへのパスは以下のものになります。
<標準インストールフォルダ>\worksmobile\worksmobileonew\libssl-3-x64.dll
<標準インストールフォルダ>\worksmobile\worksmobileonew\libcrypto-3-x64.dll
対象dllのプロパティを確認した際のOpensslのバージョンは3.0.0.0であり、公開されているCVEに対応しているバージョンは3.0.8以上であることを確認しています。

コメント0

前の投稿 現在あるグループトークルームのコピーを作ることはできますか?
次の投稿掲示板の閲覧者がフラグやフォルダ分けのような感覚で整理したい
リスト

まだ、解決できませんか?
今すぐ実際に使用しているLINE WORKSユーザーに質問してみましょう。