LINE WORKSコミュニティ

LINE WORKSに関する質問や有用な情報を、
他のユーザーと共有しましょう。

LWUG

【LWUG】初心者歓迎!あらためて学ぶLINE WORKSのキホン!(勉強会のQ&A)

Haruna Tanaka

2020.08.18既読 350

8月11日にLINE WORKSユーザーコミュニティ「LWUG」で

【LINE WORKS 30分ランチ勉強会】初心者歓迎!あらためて学ぶLINE WORKSのキホン!

を開催しました。

 

勉強会内での質問に対する回答となります。

回答内容に不明点がある場合には、本投稿のコメントにてお知らせください。

 

※ 一部、勉強会内での回答に補足や修正を加えております。

※ 「参加してないけど質問があって...」と言う場合はまずはLWUGにご参加ください!

 

#プラン

全体的にはフリープランで使用している人のほうが圧倒的に多いんですよね?

> プランの利用者数を正式公開しておらず、正確な数字をお伝えできず残念ですが、多くの大企業でもご利用いただいているためユーザーアカウント数としては有料プランをご契約されてる方が多いです。


有償プランの利用可能なユーザー数は、本当に無制限なのでしょうか?

> 無制限です。ただし、ご利用人数などに応じて課金が発生しますので、その点ご注意ください。

 プランについて

  

 

#活用事例

新卒採用 内定者フォロー用途での事例を知りたい

> よろしければこちらの事例をご覧ください。

「全社アンケートの回答率が驚きの85%、回答スピードは紙の2倍に。さらに、内定者とのコミュニケーションに活用することで内定辞退防止にもつながりました。」

 「(日本の人事)学生の視点を意識したコミュニケーションが新卒採用を変える  内定から入社後まで、効果的なフォローを実現するツールとは」

 

 

安否確認として使っている事例があれば教えてください。

>  弊社のウェブサイトで「導入事例 -> BCP・安否確認」を選んでいただくと、お客様事例が掲載されていますので、よろしければご参照ください。

https://line.worksmobile.com/jp/cases/use/bcp/


その他の安否確認に関する事例はこちらをご覧ください。

 

 

#全般

他のグループウェアと比較して、LINE WORKSの良いところ、足りないところ、について

管理機能があり、一緒に使うメンバーの権限設定ができるため、企業や組織のポリシーにあわせた運用ができます。

そのため中小企業から大手企業まで幅広くご利用いただいております。

複数ある機能の中で一番使われている「トーク(チャット)」では、送ったメッセージの未読・既読が個人ベースで確認できます。そのため、1人1人に情報の伝達確認することが不要になります。ベーシック以上のプランではメールやDriveも利用可能です。

「足りないところ」につきましては、比較するツールによって異なりますので、まずはフリープランをお試しいただき、ご自身の想定されているツールと比較ください。

  

ラインとの違いを改めて知りたいです

> 管理者がメンバーの管理をできるという点が、まず大きな違いです。の上で、LINEでおなじみのチャットやスタンプだけではなく、LINE WORKSには仕事に活⽤できる多くの機能が備わっています。社内の情報周知に便利なホーム(掲⽰板)、意⾒収集に使えるアンケート、予定の共有ができるカレンダーなどを⼀つのアプリの中で利⽤することができます。また、チャット機能であるトークでは、送信したメッセージの既読・未読が個人ベースでわかります。

 

 

#アンケート

アンケートの活用例

> 出欠調査や災害時の安否確認、業務日報など、数多くのテンプレートが用意されているため、様々なシーンの意見回収でご利用いただけます。

例えば、コロナの影響下での活用例では、在宅勤務の従業員への体調管理アンケートを作成。毎朝、体温や体調についてアンケート回答収集することで、従業員の健康状態もチェックできます。

また、アンケート結果はCSVファイルとしてダウンロードが可能なため、定期的に行うアンケート結果はデータとして保存・活用できます。

 

 

#カレンダー #設備予約

グループでの設備予約方法、
> グループカレンダーでの設備予約はできません。

もしグループメンバーで使う会議室の予約を取りたい場合は、誰かが代理で会議室を予約し、カレンダーにグループメンバーを招待してください。

  

カレンダーを社内で共有するにはどこに入力したらいいですか?

> 予定作成の際に、予定を共有したいメンバーを招待「予定の共有」することができます。

メンバーを招待して予定を共有すると、招待したメンバーのカレンダーにも予定が表示されます。

https://guide.worksmobile.com/ja/calendar/calendar-guide/create-event/invite-event/

 

カレンダーを入力する度にトークにいかないようにしたいです

> トークへの通知(投稿)の可否の設定はできませんが、通知音のオンオフは設定可能です。

https://guide.worksmobile.com/ja/calendar/calendar-guide/calendar-settings/set-event-alert/

 

カレンダーはGoogleなど他のカレンダーと連動はできますか?

> LINE WORKSカレンダーと他社のカレンダーを自動で同期する機能は提供していません。

LINE WORKSカレンダーでは、iCalendar形式のファイルをエクスポート、インポートする機能を提供しています。

本機能を利用することで、LINE WORKSカレンダーと他社のカレンダーの双方に手動で予定を反映させることができます。

https://help.worksmobile.com/jp/calendar/others/synchronize-with-google-calendar/

 

  

#トーク

グループの作り方
> こちらをご覧ください。

トークルームからのグループ作成方法。

管理画面からのグループ作成方法。

 

 

LINE WORKSでコピペした文章の宛先(@XXXさん)が機能しないのですが、良い方法はありますか?

> カーソルを@@XXXさんのお名前に置いていただきますと、メンションできるようになります。

なお、カーソルを置く位置は、お名前の最後に置くことをお勧めいたします。

 

 

#組織・管理

組織の作成と所属組織の変更

> こちらをご覧ください。

組織の追加(作成)について

所属組織の変更について

  

 

#ホーム

ホームの権限設定はどうなっていますか?

> 管理者または掲示板管理者は掲示板に関する設定を行うことができます。掲示板名、説明、タイプを修正したり、管理者やメンバーの権限を設定したり、投稿やコメント管理ができます。

https://guide.worksmobile.com/ja/home/home-guide/manage-board/set-board-details/

 

 

ノートとホームの違いというか、使い分けについてポイントはありますか?

ホームの掲示板は、社内メンバー向けに情報を共有することができるスペースです。掲示板に投稿した情報をほかのメンバーに共有したり、コメントを入力したりすることができます。トークのノートはチーム/グループのトークルームで使用でき、議事録や報告書などチーム/グループメンバー内で共有する情報を掲示板形式で投稿することができます。

https://help.worksmobile.com/jp/home/manage-board-and-post/difference-between-board-and-note-of-message/

 

 

#容量

フリープランを最近使い始めました。ストレージをどのぐらい使っているか確認する方法はありますか?

> 共有ストレージの使用容量は管理者画面の共有ストレージで確認できます。

https://guide.worksmobile.com/ja/admin/pc-admin-guide/statistics/#i-8

 

 

#その他

全くの初心者です。社内でのうまい活用方法を模索しています。よろしくお願いします。

使い方全般

どのような機能があるのか、具体的な使用方法が知りたい。機能の名前はわかりますが、また、おすすめ機能があれば教えていただきたい。

会社のスマホ導入により使いはじめたばかりです

 

 

最後に今後の勉強会のご案内です
次回のLWUGのLINE WORKS勉強会は8月25日(火)開催です。

【LINE WORKS ユーザー登壇】スポーツ大会の運営が、少しの工夫で楽になる成功例!

 
インターハイと並ぶ2大大会の一つ「全国選抜高校テニス大会 」。
運営メンバーや全国のテニス部顧問との連絡も必要で、関係者は200名近くにも。
従来はメールや電話で大会運営に必要な連絡を各メンバー間で取っていましたが、様々な課題がありました。
アドバイザーとして関わり、長年奔走していた宮崎氏。
全国の忙しい先生方や高校生など、広い世代が関わる団体で、IT慣れしていない実行委員会がどのように課題を解決したのか?改革事例をご紹介します。

   

LWUGはどなたでも参加可能ですので、connpassにご登録の上、お申し込みください。

ご参加お待ちしております!

https://lwug.connpass.com/event/

 

 

コメント0

前の投稿 外部ユーザーとのトーク連携について
次の投稿トークルームに招待したLINE同士